潤いにユーグレナ

さて、ユーグレナの話も最後になりました。潤いにはユーグレナの青汁ということになります。潤いには具体的に、善玉菌であるアディポネクチンが増加して真皮にヒアルロン酸を合成して促進する効果があるのです。このように、善玉菌が増えると、ヒアルロン酸が増えるので、ヒアルロン酸が増加することにより、潤いが出てくるのです。その他、ヒアルロン酸が増えると、肌の表面にあるセラミドも増加させる効果があります。

次に、ユーグレナの化粧品を扱うこともあります。具体的には、保湿用の化粧品や、化粧水の利用が大事な点です。ただし、使用上の注意もありますので、よく読んで欲しいものです。さらにクリームをつけることにより、保湿効果が高まり潤い肌になるのです。

最後に、潤いが増えると、普段も同じように過ごすことを期待します。しかし、潤いをもたらすために、いろいろと工夫しすぎて、返って肌を乾燥させてしまって、潤いから遠ざかっている人がいる場合もあります。具体的には、角質細胞が増えていくのです。乾いた細胞が増えると、善玉菌も自然と減っていきます。そうなると、日に日に環境が悪化するのです。その頃には、今とは想像も出来ないほどの環境がつくらされるはずですので、そのようにはしない努力をすべきです。