潤いにユーグレナ

さて、ユーグレナの話も最後になりました。潤いにはユーグレナの青汁ということになります。潤いには具体的に、善玉菌であるアディポネクチンが増加して真皮にヒアルロン酸を合成して促進する効果があるのです。このように、善玉菌が増えると、ヒアルロン酸が増えるので、ヒアルロン酸が増加することにより、潤いが出てくるのです。その他、ヒアルロン酸が増えると、肌の表面にあるセラミドも増加させる効果があります。

次に、ユーグレナの化粧品を扱うこともあります。具体的には、保湿用の化粧品や、化粧水の利用が大事な点です。ただし、使用上の注意もありますので、よく読んで欲しいものです。さらにクリームをつけることにより、保湿効果が高まり潤い肌になるのです。

最後に、潤いが増えると、普段も同じように過ごすことを期待します。しかし、潤いをもたらすために、いろいろと工夫しすぎて、返って肌を乾燥させてしまって、潤いから遠ざかっている人がいる場合もあります。具体的には、角質細胞が増えていくのです。乾いた細胞が増えると、善玉菌も自然と減っていきます。そうなると、日に日に環境が悪化するのです。その頃には、今とは想像も出来ないほどの環境がつくらされるはずですので、そのようにはしない努力をすべきです。

若さにユーグレナ

若さを保つためには、ユーグレナの青汁が効果的です。さて、若さも保持できるとは、どのようなことかを説明します。それは、多くの種類の栄養分を含むユーグレナですから、アミノ酸がタンパク質をつくり、結果的には免疫効果を高めたり、血管のはたらきを強めます。このように、アミノ酸だけでも、若さを保つユーグレナの青汁の秘密が隠されているのです。ミネラルには、酸素のはたらきがあって身体の体調維持に大変重要なのです。

そして、ユーグレナには不飽和脂肪酸が含まれていますので、DHAやEPAという動物の栄養分が多く含まれ、身体を支えているのです。具体的には、血液の詰まることを防止し、心筋梗塞や虚血性心疾患からも防げるのです。このことから、生活習慣病の予防にもなります。さらに、体調を崩しますので、無理をしないことも大切なのです。生活習慣を見直すと身体の調子も回復し、症状が緩和され若さが出てくるのです。

さらに、腸も整えますので、自然と身体が生き返ってくるのです。これは、アレルギー反応の緩和にもつながります。もちろん、この効果は若さを保つ効果につながるのです。ただし、ユーグレナの青汁だけ含んで生活するのも考えです。終わりに、偏食は身体を蝕むものです。バランス良い食事も当然のことながら必要なのです。

健康にユーグレナ

健康にはユーグレナの青汁ということで、話しを進めていきます。青汁の場合は野菜です。しかし、ユーグレナの青汁の場合は、ワカメや昆布の藻類で、動物の栄養分もありますし、植物の栄養分も兼ね備えていますので、青汁より遥かに健康に良いということが言えます。

さらに、パラミロンという成分がユーグレナにあります。そのパラミロンは、身体の中にある不必要な物質を取り除くはたらきがあるのです。このことから、パラミロンがあることにより、ダイエット効果につながるといえます。そのはたらきを更に高めているのが、消化吸収率です。細胞膜で覆われているため、細胞壁の植物である青汁と較べても、ユーグレナの方が細胞膜であるために、消化の吸収率は90%以上で野菜では50%のものもあり効果は倍にもなるのです。

PICK UP|石垣産ユーグレナ(ミドリムシ)公式通販 ユーグレナ・ファーム

このユーグレナも1990年代には、薬品や食品開発が行われ、2000年代には、商品としてユーグレナが世に出るのです。まだまだ、多くの人には認知されていないはずです。そこで、ユーグレナの青汁ということで、青汁の認知度も利用して宣伝しているのです。しかし、実際はユーグレナの緑汁なのです。そこで、ユーグレナの青汁は、このように大変健康に良いと考えられています。

ユーグレナの青汁

ユーグレナというのは、別名ミドリムシといいます。ユーグレナとミドリムシでは、検索をかけると健康食品として数多く検索され、商品として多く出回っています。今回は、ユーグレナの青汁として説明していきます。

さて、皆さんは青汁はご存知かと思います。しかし、ユーグレナの青汁というのは、目にしていない方も多いことと思います。それでは、ユーグレナですが、多くの栄養成分を含み、アミノ酸やビタミン、不飽和脂肪酸と栄養分が非常に豊富です。しかし、それだけではないのです。植物と動物の二面性があり、ユーグレナとは藻なのです。そのことから、動物が含む栄養成分、植物が含む栄養成分を含んでいます。さらに、ユーグレナとは細胞壁がなく細胞膜をもつので、消化吸収率も高くなります。消化吸収の良さから、ダイエットに通じるとも考えられています。

さて、青汁ですが簡単には緑黄色野菜を搾った汁のことです。それでは、緑汁の間違いではと思うはずです。しかし、野菜の葉を青いと判断した経緯から来てます。現代では、青汁とは粉末のものを液体に溶かして飲むものなのです。栄養価が高く、ペットの餌や、病院での療養している時の食事で使われています。このように、ユーグレナと青汁が混ざった訳ではなくてユーグレナの緑汁と説明するのが実は正しいです。もちろん、ユーグレナの緑汁は、栄養が詰まっており、身体の張りや老化防止対策にも効果を発揮するのです。さて、さらにユーグレナの青汁の話しをしていきます。